ドラッグストアバイトはおすすめ?店舗型別に紹介!

ドラッグストアでのバイトを検討中の君へ

時給相場はコンビニより少し高めで、夜中も営業している店舗なんかは深夜時給が発生する。

かといって特別時給が良いわけでもないので、時給で考えた時の魅力値は低め。

ただ、24時間営業店舗で深夜に働いてがっつり稼ぎたいひとには向いているかも。

基本的には全て立ち仕事なので、そこそこ体力を使う。

基本業務はレジと品出し。

レジを経験して思ったのが、割と責任のある仕事だということ。

自分はここでかなりミスをやらかした。

クレジットカード決済時の会社控えを紛失したり、余分なお金を客からもらってしまったり、テスターをお客さんに売ってしまったり(笑)

ただコンビニよりは客層がよく、特別変な客に出くわすことはなかった。

そして品出しは文字通り商品を棚に陳列していく作業。

重い商品もあり、わりと体力を使うこともある。

レジと違って客と関わることが少なさそうなイメージだったけれど、売り場にいるために客から商品の場所をよく聞かれる。

これがかなり面倒で研修中で商品の場所を把握していないうちに聞かれると、先輩店員を呼びに行かないといけない。

しかし、店員が見つからなかったり、他の客の対応をしたりしていると頼む訳にもいかず客を待たせてしまったりすると冷や汗ものだ。

さらにレジの応援アナウンスがかかれば走ってレジまで駆けつけなくてはならない。

接客業というのは店舗業務と接客業務を同時並行でこなさなければならない。

新人だろうと客からしてみれば店員は店員なのだから〜と見られるため、要求されることは変わらない。

そして3ヶ月でばっくれた。

女子目線でかくと、意外にも手が荒れる。

ダンボールを開けたりたたんだり、商品を陳列したりととにかく手を使うため、乾燥したり小さい怪我をしたりする。

パートのおばさんなんかの手をみるとみんなかさかさでぴきぴきだ。

夏場でこれだから冬を考えるともっと酷いだろう。

体力も使うためやはり女子にはおすすめできない。

仕事内容に店舗差があるのもドラッグストアバイトの特徴だ。



・郊外型店舗


f:id:gssd:20180913073609j:plain


大型店舗で薬品だけでなく食品から日用品まで取り扱う

ドラッグストアといえばほとんどのひとがこのタイプをイメージすると思う。

商品数が多いため、品出しなどの作業が多め。

食品の取り扱いもあるため、賞味期限のチェックなど細かい業務が多い。

そして店舗が独立しているため、開閉店作業がすこし面倒。

客の回転率は立地にもよるが、それほど高くなく、レジ業務でも暇な時間がある。



・構内型店舗



f:id:gssd:20180913074059j:plain


駅やショッピングモール構内にある小型店舗。

バイトするなら1番おすすめ。

商品数がすくないため品出しの負担も軽く、メインはレジ業務になる。

回転率は高めだけれど、レジは少し忙しいくらいが意外にもちょうどよく、時間が過ぎるのがはやい。

店舗が小さいぶん清掃や開閉店作業も郊外型に比べてかなり楽になる。



・繁華街型店舗


f:id:gssd:20180913074459j:plain



繁華街に面しているタイプの店舗。

店の規模は店舗差があるが、小規模〜中規模。

郊外型と構内型の中間くらいのイメージ。



と、3つのタイプを紹介したけれどやはり1番のおすすめは構内型。

ドラッグストアバイトはドラッグストアで働きたい思いが強かったり、登録販売者の資格取得を目指している人にはいいと思う。

品出しやレジなど接客業の基本のきを学べるイメージ。

ただとにかくバイトをして稼ぎたいって人にはあまりおすすめしない。

もっと条件のいいバイトは他にある。

僕みたいな豆腐メンタル&ニート気質にはおすすめできないよ!(そもそもバイト自体おすすめできない)

Fラン大中退ニートがハロワに行ってみた

ハローワーク

就職を目指すニートなら少しは意識するであろう存在。

THE 職探し。って感じ。

無料で仕事探しから就職までをサポートしてくれるらしい頼れるニートの味方らしいらしいらしいよ?

母親に連れていってもらいましたはい。

というわけで初めてハロワに潜入したレポートを書いていく。

到着してまず目に飛び込んできたのはズラリと整列した液晶画面を眺めるおじさんおばさん。

どうやらコンピューターで求人探しをしているようで、いかにも「底辺」な雰囲気を醸し出したハゲじじい薄毛ばばあばかりである。(ごめんなさい)

すぐ帰ろうかと思った。

このおじさんおばさんと同じなのか自分はと。。

ところが受付で話をきくと、学校を卒業して3年以内であれば新卒応援ハローワークという若年向けのサービスを利用できるようで別の部屋に行くよう勧められた。

教えてもらった別の部屋にいくと若い女の子数人が相談を受けていて、なんだか安心したw

そして個別に面談をしてもらい自分の情報を書類に書き、ハローワークカードなるものを作成してもらった。

その後は序盤で目撃したハロワ内のコンピューターと家庭のパソコンやスマホで求人探しをする方法を教えてもらった。

就職までの流れは自宅で気になる求人をいくつか見つけそれぞれに当てられた番号を記録しハロワに持っていく。

そしてハロワで職員と相談しながらさらに絞り込む。

決まったら紹介状を書いてもらい、書類選考のち面接という感じ。

この時面談をしていただいた男性がものすごく親切で丁寧に説明してくれた。

気の強そうな顔したおばさんや、やたら派手な中年女性職員もいたところをみると当たりをひいたかな?と言うところ。

実際、職員によって対応は違うらしく、自分に合った人を選んで相談してもらうこともできると説明された。

一応職員は全員キャリアコンサルタントという国家資格を持っているらしい。

ハロワというところはとにかく派遣でも契約でもブラックでも掴まされるものかと思っていたけれど、当たり前のように正社員で探してくれて、関心関心。

担当者からは名刺をいただき、気になる求人を10こほど見つけたら電話してきてよ。また来て相談しよう。と言ってもらった。

また行くかは別として(クソニート)勉強になったし、イメージも変わった。

これで無料なんだから驚きだ。

今は登録販売者という目標があって前向きになっているけれど、行き詰まってまた悩んだら気になる求人でも見つけて電話をしてみようと思う。

Fラン大中退ニートが登録販売者を目指す

19歳で大学を中退し、それは人生を中退することと同義であると知る。

ふざけんなよ誰だよこんなこと言い出したやつ正論じゃねえか!と思いつつゲームをして寝る。

こんな生活を打破すべく登録販売者を目指してみることにした。

理由はそれほど努力しなくてもなれそうで、且つ、仕事も楽そうだったから。

いや偏見も大概にしろぶっ殺すぞ!と言われそうだけれど、あくまで他の資格やその職業に比べてそうだと思っただけで、正論だと思う。

実際試験内容は難易度が低めだし、仕事は管理者にでもならなければアルバイトとほぼ同じ。(それでもコミュ障引きニートにとって敷居の高い接客業であることに変わりはないが文句ばかりは言っていられない。)

その割には資格手当もつくし、ドラッグストアが軒並みそろえて立ち並ぶ現代では需要が高そうだ。

高収入を望めるわけではないけれど、なんの取り柄もないニートから脱するには充分だ。

ドラッグストアの清潔感のある無機質な雰囲気とコンビニほど客の出入りが多くないもの静かなあの感じも嫌いじゃない。

そんなことを言っておいてつい先日、スギ薬局のアルバイトに応募したのだけれど、合否連絡すらないままだ!クソすぎ薬局である。

従業員スペースに「打倒マツキヨ!」
「マツキヨに打ち勝て!」と迫力ある字で書かれていたのが印象的だった。

というわけで今度はマツキヨに応募しようと思っている。w

まあ今大事なのはアルバイトではなくまず試験に合格することだ。

手始めに自分が購入したテキストは

・ナツメ社 らくらく完全攻略登録販売者試験合格テキスト

・ナツメ社 らくらく完全攻略登録販売者試験1問1答

日本経済新聞出版社 7日間でうかる!登録販売者テキスト&問題集2016

の3冊。

7日間でうかる!はだいぶ前に興味本位で買ったもので2016年版だけれどさらっと読みやすくておすすめ。

メインはナツメ社のものを使っている。

勉強方法は簡単で筆記用具は一切使わずひたすら読む。家族がいないときは音読もしてみたり。

試験はマークシート方式なので、書いて漢字などを覚える必要はなく、読んで覚えた方が効率がぐっとよくなる。

ただ、面倒な薬品名や漢方名などはひたすら書いて覚えるのもありだと思う。

1番馬鹿な勉強方法はノートに要点を丁寧にまとめたりすることだと思っていて、テキスト自体必要最低限のことをプロがまとめたものであって、それをまたまとめ直す必要は全くない。

おすすめの勉強法はとにかく読むことだ。

1回書いてまとめる間に100回読み返せる。

まあ合格してもいないくせに偉そうに言える立場ではないのだけれど今のところは気が向いた時にくりかえし読むだけで頭に入っている。

登録販売者試験は全5章からなり、たいていその章ごとに勉強していくことになる。

1章を毎日繰り返し覚えるまで読み、つぎは2章をという風に勉強している。

そんなに難しい内容ではないし、試験のある9月まであと3ヵ月以上もある。

正直余裕だ。

と言っても魔の3章にはまだまともに手をつけていないのだけれどw

とにかく1,2,4,5章を手短に終わらせて3章にはじっくり1ヶ月ほどかけ、残りで過去問で試験になれ無事合格という完璧なプランを信じて頑張っていく。

一緒に頑張ろう友よ!