生きる

甘ったれメンヘラ社会不適合者の戯言を垂れ流すブログ

Fラン大中退ニートがハローワークに行ってみた


ハローワーク

就職を目指すニートなら少しは意識するであろう存在。

THE 職探し。って感じ。

無料で仕事探しから就職までをサポートしてくれるらしい頼れるニートの味方らしいよ?

母親に連れていってもらった。

というわけで初めてハロワに潜入したレポートを書いていく。

到着してまず目に飛び込んできたのはズラリと整列した液晶画面を眺めるおじさんおばさん。

どうやらコンピューターで求人探しをしているようで、いかにも「底辺」な雰囲気を醸し出した中年の男女ばかりである。自分の将来像をそこに重ねててしまう。

嫌悪感が湧き上がり、すぐ帰ろうかと思った。

ところが受付で話をきくと、学校を卒業して3年以内であれば新卒応援ハローワークという若年向けのサービスを利用できるようで別の部屋に行くよう勧められた。

教えてもらった別の部屋にいくと若い女の子数人が相談を受けていて、なんだか安心した。

そして個別に面談をしてもらい自分の情報を書類に書き、ハローワークカードなるものを作成してもらった。

その後は序盤で目撃したハロワ内のコンピューターと家庭のパソコンやスマホで求人探しをする方法を教えてもらった。

就職までの流れは自宅で気になる求人をいくつか見つけそれぞれに当てられた番号を記録しハロワに持っていく。

そしてハロワで職員と相談しながらさらに絞り込む。

決まったら紹介状を書いてもらい、書類選考のち面接という感じ。

この時面談をしてもらった男性がものすごく親切で丁寧に説明してくれた。

気の強そうな顔したおばさんや、やたら派手な中年女性職員もいたところをみると当たりをひいたかな?と言うところ。

実際、職員によって対応は違うらしく、自分に合った人を選んで相談してもらうこともできると説明された。

職員は全員キャリアコンサルタントという国家資格を持っているらしい。

ハロワというところはとにかく派遣でも契約でもブラックでも掴まされるものかと思っていたけれど、当たり前のように正社員で探してくれて、関心関心。

担当者からは名刺をもらい、気になる求人を10こほど見つけたら電話してきてよ。また来て相談しよう。と言ってもらった。

また行くかは別として(クソニート)勉強になったし、イメージも変わった。

これで無料なんだから驚きだ。

今は登録販売者という目標があって前向きになっているけれど、行き詰まってまた悩んだら気になる求人でも見つけて電話をしてみようと思う。



ニートに1度は検討してみてほしい「登録販売者」についてもブログにまとめたので是非
Fラン大中退ニートが登録販売者を目指す